女性患者を救うために

病院勤めを希望している方の中には、婦人科を第一志望にする方もいるのではないでしょうか。女性特有の病気を抱えている女性患者を救うために、日夜医師や看護師になるための勉強に励んでいる方が少なくないと思い、女性患者を健康に導いていきたいという気持ちに火を点けていくのが窺えます。婦人病さえ治せば、女性としての自信を取り戻せるとおっしゃる女性が結構いらっしゃるのではないかと考えられて、婦人病を診てくれる医師や側で看護してくれる看護師に全てを託していくのだろうと思うのです。まるで婦人科が自分を明るく照らし出す希望の光のように思えてくるのではないかと感じて、女性患者がその光に包まれたときに生まれ変わった自分が存在しているはずだと信じているのが窺えます。だからこそ婦人科で医療スキルを活かすために弛まぬ努力を続けていく医師や看護師が少なくないと思い、自分の手で女性患者を救いたいという気持ちを強く抱いているのを感じさせるのです。病院との強固な関わりを築いていきたいという気持ちが表れています。
同じ女性だからこそ、女性の病を治療する仕事に興味を抱くようになる方が結構おられるのではないでしょうか。女性の病に苦しむ、一人でも多くの女性患者を救うべく、医師や看護師の求人を出している婦人科もあるでしょう。婦人科の医師や看護師は患者を大切な存在だと意識するのは勿論、一人の女性として深く関わっていこうとする気持ちを抱いた上で婦人病の治療に当たっているのだろうと考えられます。女性患者を救えたときに、医療に携わる人間としての役目を果たせたという満たされた気持ちになっていくのではないかと思うのです。医師や看護師であり続ける限り、婦人科で多くの女性患者を救うことにやりがいを持ち続けていくことでしょう。

2017年8月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
アーカイブ